[台湾留学]実践大学ってどんな大学?

実践大学について

大学紹介
台北と高雄の二か所にキャンパスを置く私立の総合大学で、1958年に設立されました。

家政、設計、管理、商業と情報、文化と創造の5学院からなり、33の学科があります。また大学院は14種の修士課程と1種の博士課程からなっています。

学生数は約16,000人、留学生は約1100人(日本人19人)、学生のため多様な機会を設けています。 (海外や実店舖での研修、インターンシップ)

All-Englishのカリキュラムを完備。 (数々の国際交流のイベントや、充実した英語学習のカリキュラムが用意されています)

豊富な留学プログラムがあります。(39ヶ国134校に及ぶ連携校)

 

実践大学はとにかくキャンパスがおしゃれな大学です。近代的な建築の建物で写真映えすることから、写真が趣味の人が多く集まります。

スポンサーリンク

家政科は歴史ある学科で、また、音楽や芸術、デザインの学科が人気です。

 

入試申請期間

秋季班:2月20日~6月9日

 

外国人学生を受け入れている学部・学科

  1. 民生
  2. 設計
  3. 管理
  4. 産業・情報
  5. 文化・創意学部

授業料・学生寮

学費:年間 約39万円

寮費:年間 約20万円(平均)   一部屋2~4人

 

奨学金情報

http://www.uscoia.usc.edu.tw/page3/super_pages.php?ID=page304

 

実践大学お問合せ先

ホームページ:http://www.usc.edu.tw/

入学担当:国際事務処

電話番号:+886-2-2538-1111 内線1161

メール  :oia@g2.usc.edu.tw

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

秋田出身の22歳。高校時代に台湾へ短期留学へ行った後、台湾ファンに。 大学は台湾の大学に入学し、日本語教育を専攻。大学生活を送る傍ら台湾の高校で日本語教師を務めたり、通訳や翻訳の仕事、テレビの仕事をしている。