台湾の鉄道脱線事故、台湾鉄道の管理体制が崩壊状態か。

台湾で特急列車が脱線

2018年10月21日、台湾時間午後4時50分ごろ、台湾北東部・宜蘭県で走行中の特急列車、普悠瑪号(6432号)が脱線、転覆する事故が発生。

列車には366人が乗っており、死者は18人、負傷者は187人に上っている。(10/22 9:30訂正)

また、負傷者名簿によると、邦人はおらず、外国籍ではアメリカ人1人が負傷している。

画像引用先:https://udn.com/news/story/7321/3434186

当該列車は樹林駅から台東駅まで走行する特急列車である。

台湾鉄道局長の鹿潔身は「車両は日本車両株式会社製、導入は6年前で台湾鉄道でも新しく、保養状態も良い車体だった」と話し、同時に謝罪をした。

乗客によると、事故発生直前に急ブレーキが3回ほどあったという。

画像引用先:https://udn.com/news/story/7321/3434186

 

事故原因

事故発生のおよそ46分前から列車に異常があったため、運転手が運行司令室に連絡したものの、そのまま運転を続けるよう指示があった。

また、指令側は運転をしたままトラブルを解決できないかと指示。運転手はATSと呼ばれる自動制御装置を解除し、安全装置が全く入っていない状態で運転を続けた。

これにより列車のスピードが落ちるのは解消されたため、安全装置を解除し、既定の速度より大幅に速い速度でカーブに差し掛かり、横転した。初期事故調査報告によると、制限速度65km/hのカーブに80~100km/hの速度で進入していたことが判明。

 

事故発生直後の台鉄副局長の記者会見では、「運転手は指令側に全く連絡せず、運転手の独断で安全装置の解除等を行った」と話していた。

しかし、無線の通信内容が公開され、副局長が言っていたことほぼすべてが嘘だったことが判明。運転手は指令側に46分間にわたってトラブル発生の報告や対処要求を行っていた。

また、副局長は会見で、6年毎の4級保養検査(最高レベルの保養検査)が終わったばかりと話していたが、これも嘘であり、実際には4級保養検査に使われる検査機器も無いうえ、実際に行われた検査は3級検査であった。

今回の事故で台鉄の管理体制が崩壊していることが判明。事故を起こした運転手も今年、薬物使用で逮捕歴があったなど、さらなる管理体制の問題が見つかってきている。

台湾メディアの取材に答えた台鉄の職員は、「管理体制や保養管理は崩壊状態であり、今すぐ改善しない限り、同様の事故が起きてもおかしくない」と述べていた。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

秋田出身の22歳。高校時代に台湾へ短期留学へ行った後、台湾ファンに。 大学は台湾の大学に入学し、日本語教育を専攻。大学生活を送る傍ら台湾の高校で日本語教師を務めたり、通訳や翻訳の仕事、テレビの仕事をしている。