台湾 軍演習で事故で相次ぐ F16墜落も

相次ぐ中華民国国軍の事故

台湾ではここ数年、軍事演習中の重大事故が相次いで起きています。ここ34年間の軍事演習で、12人もの命が失われてきました。

この記事では、最近の中華民国国軍の主な事故を紹介します。

戦艦ミサイル誤射、漁船船長死亡事故

印象に残っているものと言えば、2016年7月1日に起こった重大事故です。

中華民国海軍が擁する131艦隊の500トン級戦艦にて発生した、ミサイル誤発射事故。

初歩的なミスによりミサイル「雄三飛彈」を誤発射し、発射されたミサイルが漁をしていた船舶に命中、船長が死亡、乗組員3人がけがをしました。

この日は「非実弾発射訓練」を行っており、ミサイル発射装置には模擬装置が取り付けられ、ミサイルに導火しないように安全対策が取られていたはずですが、それがなされていませんでした。

ミサイルの発射装置は、普段から「訓練モード」に設定してあり、モードを変更しない限り、安全装置が作動し実弾が発射されない仕組みになっています。

しかし、この演習を行った当日は「作戦モード(実弾発射モード)」になっており、模擬発射の際兵士の一人がそれを確認せずに「訓練モード確認」と指揮官に報告。指揮官が「発射許可」を出しました。

実弾発射モードになっていたため、甲板ではミサイル発射の警報が鳴っていましたが、この時全員が室内にいたため、この警報が聞こえなかったといいます。

ミサイルは発射後約2分間飛行し、設定した目標位置に着弾。ちょうどその位置にいた台湾籍の漁船の操縦席を貫通。船長が頭部に重傷を負い、その場で死亡しました。

中華民国国軍は発射に関わった7人を処分。うち責任がある指揮官や兵器長、ミサイル技師が職務災害罪や業務上過失致死、過失武器損壊罪等に問われました。

写真はミサイルが貫通した漁船の操縦室。

※写真は「世界之聲」より引用

戦車が川へ転落、転覆した戦車内で4人死亡

ミサイル誤射と同じ2016年に起きた事故です。

中華民国陸軍564旅隊の台湾国産戦車「CM11」がブレーキの故障で川へ転落し、4人が死亡、1人がけがをしました。

当時現場にいた564旅隊の隊員が救助を試みましたが、この日は雨が強く川の水量が多いため断念。M88装甲回収車を派遣し、戦車から4人を救出しました。

戦車の回収には民間会社が所有する35トンクレーン車を用意しましたが、戦車の重量に耐えきれず戦車回収は中止に。後に50トンクレーン車を現場へ派遣し、戦車の回収をしました。

この事故で一時、事故車両と同型のCM11型戦車の運用を禁止。安全の確認がとられるまで演習は中止となりました。

スポンサーリンク

戦車を吊り上げるM88(写真中央)と、川に転落したCM11戦車(写真右下)

※写真は台灣蘋果日報より引用

パラシュート開かず高度400mから落下、奇跡的に生還

今年2018年5月17日に起こった記憶に新しい事故です。

演習中の「C130」運輸機からのパラシュート降下訓練中に事故が起きました。

特別戦略部隊の隊員が飛行機からのパラシュート落下訓練をしていたところ、飛び降りた一人のパラシュートが絡み、隊員が自由落下状態となりました。

パラシュートが絡まったのは高度約400m、ビルの132階に相当し、約26秒後に地面へ激突しました。

現場にいた誰もが助かるはずがないと一度は諦めましたが、落下した隊員は脳と脾臓の出血、骨折の重傷を負ったものの命に別状はなかったのです。

事故当時は意識不明でしたが、治療を受けて安定した後、呼びかけに反応できるようになり、話を聞いて頭を動かし質問に答えられるまで回復しました。

F-16戦闘機墜落、事故にあったパイロットは2回目の墜落

つい数週間前の2018年6月4日に発生した戦闘機墜落事故です。

中華民国空軍花蓮基地のF-16戦闘機(コード6685)が6月4日の午後1時09分、演習のため基地を飛び立ちました。しかしその後、午後1時43分に台湾北部の基隆にある山へ墜落しました。

パイロットは緊急脱出をしておらず、事故直後の捜索救助で死亡が確認されました。

機体は損傷が激しく、捜索は難航。一時はパイロットが見つからず、現場に残されたのはパイロットスーツだけでした。

その後の捜索で遺体の一部を発見。パイロットの遺体であることが確認されました。

戦闘機を操縦していたのは、総飛行数1039時間、F-16の操縦時間は700時間を超えている優秀なパイロットでした。

写真は墜落現場で見つかった機体の一部。機体の損傷が激しいのが分かる。

※写真は「ETtoday」より引用

 

実はこのパイロット、F-16戦闘機で過去にも墜落事故に巻き込まれているのです。

今から5年前の2013年5月15日、同じF-16戦闘機を操縦していたところ、操縦系統に故障が発生。当時は素早い判断により、機体を海へ降下させ、着水直前に脱出に成功しました。

機体は海面へ墜落しましたが、パイロットは脱出後、ヘリコプターにより無事救出されました。

このように、ここ数年で隊員や民間人の命が失われる事故が多発している中華民国国軍。

軍の不祥事の多さに、国民は動揺を隠しきれず、軍全体に対する不信感が強まっています。

以上、「台湾 軍演習で事故で相次ぐ F16墜落も」でした。

台湾ニュースの関連

台北の繁華街「林森北路」、違法風俗店が警察署に賄賂

2018年5月21日

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

秋田出身の22歳。高校時代に台湾へ短期留学へ行った後、台湾ファンに。 大学は台湾の大学に入学し、日本語教育を専攻。大学生活を送る傍ら台湾の高校で日本語教師を務めたり、通訳や翻訳の仕事、テレビの仕事をしている。