台湾で温泉を楽しむ!烏来温泉に一泊。

 

台湾で温泉?

日本と言えば世界でも有数な温泉大国。温泉を目当てに日本へ来る外国人旅行客も少なくありません。

筆者も温泉が大好きで、特に冬の寒い時期に露天風呂に入る快感は最高だと思っています。笑

実は台湾、温泉が多いことで有名です

ただ、公共浴場の多くは水着を着用して入ります。パンツを脱ぎ忘れて温泉に入ってしまったような、変な感覚があるので私は好きではありません。

裸で入れる公共温泉は少なく、一番多いのは「湯屋」と呼ばれる個室温泉。

施設によってはベッドやソファがあり、数時間休憩できたり、宿泊できるようになっているところも。ただ、値段が高いのがネックです。

 

そうだ、温泉旅行に行こう。

温泉に入りたいなーと考える毎日を過ごしていたある日。週末を利用して一泊二日の温泉旅行に行こうと思いつきました。

筆者は台北に住んでいますが、台北にも北投という温泉地があります。そのほかにも、温泉がいくつかあるので車で30分から1時間走れば温泉に入ることができます。

今回訪れたのは「烏来温泉郷」。台北中心部から車で45分ほど走るとある、大自然に囲まれた温泉郷です。

気軽に行ける温泉地として、国内外から人が集まります。

この温泉郷には先ほど述べた日帰りの「湯屋」はもちろん、温泉旅館もあります。ゆっくり何度も温泉を楽しみたい人は、一泊するのがおすすめです。

今回は出発前日に予約を取ったため、あまり空室がなく。それでも評価の良いところを予約できました。

 

温泉と原住民の町、烏来

仕事が終わり、車に乗って40分。景色の良い道を走りあっという間に温泉郷に。

到着すると、警察署前には数匹の猫が。

人懐っこい猫がお出迎えしてくれました。

猫についていく(警察署裏の階段をのぼる)と、烏来を見渡すことができる廟があります。

 

そしてこちらが今回訪れた「明月温泉」。

なんだかジブリ映画に出てきそうな、そんな見た目です。

色褪せた看板に不安を感じながら中へ。。。。

エレベーターを降りると、、、、

なかなか雰囲気のいいロビーが。

これまたジブリ映画に出てきそうな雰囲気がありました。

フロントはTHE台湾人のおばさんが。不愛想ながら接客を頑張っている感じで、なんだか逆に親近感が。

料金は前払い制度で、チェックイン時に部屋のカギと公共浴場の入浴券2枚をもらえます。

もちろん部屋にも温泉がついているので、それで十分な方は使わなくても大丈夫です。

廊下を通り、、、、

山の嵐という部屋に。

中に入ると、、、

こんな感じ。

温泉旅館らしくはないですが、南国風温泉って感じです!

これが肝心の温泉。

温泉はフロントでコンピューター管理されているので、温泉を入れたい場合はフロントに電話をします。

そうすると結構な勢いで温泉が出てきます。熱めなので水を足して入りましょう。

温泉からはこんな景色が。

なかなかいい景色で、夜はちょうど月が上がってくるのが見えました。

窓は全開にできますし、網戸もついてます。網戸を開けて入ったほうが気持ちいですが。

ただ、夜は明かりに虫が集まるので、網戸は閉めておいたほうが無難です。

 

宿泊料金には、夕食と朝食が含まれています。

これが夕食。ロビーにある木製のテーブルで食べます。

数種類から選べ、私が選んだのは焼き魚定食。一緒に行った友人はタイ風牛肉煮込み?を食べていました。

味は普通ですが、温泉に入った後にたべるのはホッとしますね。

 

そして朝。

温泉には夜2回、朝2回入りました。公共浴場も利用しましたが、台湾とだけあって、スマホを持ち込んで温泉につかっている人が多かったです。

サウナもありますが、ゆっくり入るには部屋の温泉が一番だな、と。

そして朝の景色。綺麗です。

朝ごはんはワンプレートの物でした。ポテトとコーヒーがおいしかった。

朝の景色を見ていて写真がありません。。。ごめんなさい。

 

最後に。

歩いて8分の場所につり橋があります。

夜に行くとライティングされていてきれいなのでぜひ!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

秋田出身の22歳。高校時代に台湾へ短期留学へ行った後、台湾ファンに。 大学は台湾の大学に入学し、日本語教育を専攻。大学生活を送る傍ら台湾の高校で日本語教師を務めたり、通訳や翻訳の仕事、テレビの仕事をしている。