シンガポール・マレーシアのタクシー配車アプリ「Grab」

Grabってどんなアプリ?

Grabはシンガポールやマレーシアで使われているタクシー配車アプリです。世界的にUBERが流行していますが、マレーシアでは2018年4月からUBERのサービスが中止になりました。

ちょうど筆者が旅行をしていた時のことで、前の日まで使えていたUBERが突然使えなくなり、急遽Grabをダウンロードしました。

今回はマレーシアでのGrabを紹介します。

クアラルンプール国際空港からクアラルンプール市内まで特急列車「KLIA Express」を使う方法が一般的だと思います。30分ほどでつきますが、料金はお片道RM55。Grabだと大きめのセダンを呼んでも約RM75なので、2人ならGrabをお勧めします。所要時間は50分ですが、ホテルのロビーまで移動でき、且つ二人でRM40ほど安いです!

 

アプリ画面と車両の種類

まずはアプリをダウンロードしたのち、SNSでアカウントを作成するか、直接登録してください。

電話番号が必要になりますので、現地のSIMカードが必須です。

登録が終了すると、すぐに使えます。クレジットカード払いではなく、現金払いを指定すれば、クレジットカードの登録も必要ありません。

画面を開くとこんな感じです。付近にいる車両が表示されます。

そして画面下部の「BOOK」の上に表示されているのが、タクシーの種類です。

このようにいくつかの種類を選ぶことができます。「ECONOMY」は一番安いもので、タクシーではなく、登録された一般人の車両が来ます。車両も家庭用の小型車であるときがあるので、荷物が多い方は「GrabCar Plus」をお勧めします。

今回は5回ほど使用しましたが、みなとてもやさしい方ばかりでした。ただ、念のため夜間の女性単独の使用等はお気を付けください。

 

そのほかにも「PREMIUM」と「SPECIALITY」があり、値段が高い分、車両のランクが上がります。

スポンサーリンク

 

実際に配車をする

まずはGPSで自分のいる場所を特定してくれるので、マップでピンを移動し、タクシーを呼ぶ場所を微調整してください。

この青いピンが、車両が来るポイントとなります。分かりづらい場所であれば、運転手からメッセージか電話で連絡が来ます。

そして下部のCONFIRMを押し、場所を確定します。

その後は目的地を選択します。英語での検索にしか対応していないので、あらかじめ目的地の英語名を覚えておきましょう。

出発地と目的地の設定が終了したら、最後に呼びたい車両を選択します。

すべて選択が終わったら「BOOK」を押して完了です。車両のナンバープレートと車種が表示され、車両の現在地がリアルタイムで表示されるので、車両が見つからない!ということはありません。

それでは快適な移動をお楽しみください!


人気ブログランキング

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

秋田出身の22歳。高校時代に台湾へ短期留学へ行った後、台湾ファンに。 大学は台湾の大学に入学し、日本語教育を専攻。大学生活を送る傍ら台湾の高校で日本語教師を務めたり、通訳や翻訳の仕事、テレビの仕事をしている。